脇の下のムダ毛をキレイに脱毛する方法について

脇の下に生えているムダ毛をキレイに自己処理するのは、意外と面倒なものです。

毛抜きで抜いてもカミソリで剃っても、数日経てばまた新しい毛が生えてきます。

冬場などはどうせ洋服で隠れるからと考えてついついムダ毛の処理をサボってしまうものですが、そういう時に限って想定外の出来事が起こったりします。

とはいえ、常にベストの状態を保ち続けるためには、相当の時間と手間が必要になります。

おまけにちょっと雑な処理の仕方をすると肌荒れや埋没毛を引き起こしてしまう可能性があるため、悩んでしまう人が少なくありません。

そのような時は、脱毛専門サロンに行って、脇の下のフラッシュ脱毛を受けるようにするのが一番です。

フラッシュ脱毛というのは、特殊な光線を照射して毛母細胞を破壊してしまう施術です。

ただ単純に今生えているムダ毛を処理するのではなく、新しい毛を作り出す毛母細胞そのものを壊してしまうことができるため、施術終了後はムダ毛が全く生えてこなくなります。

煩わしいムダ毛処理の手間から永久に解放されることができるので、その分の時間を他のことに回せるようになります。

また、いつでも躊躇なく脇の下をさらすことができるようになるため、予想外のハプニングが起こっても慌てふためく必要がなくなります。

プロの手を借りることになりますからそれなりの費用がかかりますが、一生ムダ毛処理の手間から解放されることを考えれば、決して高すぎる金額ではありません。

ただし、脇の下に生えているムダ毛が剛毛で、フラッシュ脱毛ではキレイに処理しきれないケースがたまにあります。

施術で使われる光線は、あまり出力が高い光線ではありません。

光線の出力が低いせいで処理しきれない毛が残ってしまうのであれば、光線の出力をもっと高くすればよいだけではないかと考える人もいますが、そのようなことをすると火傷を負ってしまうおそれが生じます。

とはいえ、ムダ毛の大半をなくすことができたとしても、太い毛がポツンポツンと残っているとかえってみっともない印象になってしまいます。

そのような場合は、絶縁針脱毛で残ったムダ毛を処理するのがよいです。

絶縁針脱毛は、一部のエステサロンや美容外科クリニックで受けることができます。

毛穴に差し込んだ針に電気を流して毛母細胞を破壊する方法であるため、残っているムダ毛を1本ずつ確実に処理していくことができます。

電気の熱で毛母細胞を焼きますから、全く痛みを感じないわけではありません。

でも、残っている数本のムダ毛を処理するのであれば、これが一番手っ取り早くて確実な方法です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ